◆Hotel de Jardjais通信
  • こちらに、メール登録をすると新着情報などのお知らせを自動通知します。メールアドレスの登録/解除は自由です
  • 仮登録のお知らせがメールで届きますので、その後本登録をお願いいたします。
  • こちらの壁紙はBackgrounds By Marie(http://www.artistic-designers.com)提供です

  ◆Hotel de Jardjais通信 第73号 〜10/17アップ情報〜
    Date : 2002/10/17 (Thu)
こんばんは。
こちらは、よいお天気が続いています。みなさま、お元気ですか?

ボケボケしているうちに、おかげさまで70000ヒットを迎えることができました。
毎度のご挨拶で恐縮ですが、遊びに来てくださって本当にありがとうございます。

さて、そこで今日のアップのお知らせなのですが、なんと!70000ヒットゲッターの
わんちびさまからお寄せいただいた作品をアップしています(汗〜)。
また、その作品は、kakokakoさまとの季節感溢れるコラボレーションとなっています。

あとは、60000ヒットでは失礼しました、拙作、キリ番連載第五章を
アップさせていただいています。

本末転倒のアップ情報ですが、それではギャラリーと図書室へお越しください。


(ギャラリー)
コラボレーション―わんちびさま&kakokakoさま 「心洗われしもの」


(図書室)
「初登場、世にも恐ろしいキリ番地雷〜! 70000ヒットの巻」
「消えた貴婦人 第五章」


それでは、失礼致します。


  ◆Hotel de Jardjais通信 第72号 〜10/08アップ情報〜
    Date : 2002/10/08 (Tue)
こんばんは。
今日は「ベルばら大事典」の発売でした。皆様は入手なさいましたか?
私は、今、手元にしっかり2冊確保しています。

さて、今日はずいぶん久しぶりのアップのお知らせです。
久しぶりのわりには大変短いのですが・・・。
昨年、北海道で出会った光景からふと思いついたお話です。


(図書室)
アムルーズ 「小牡鹿」


それでは、また。
朝晩、寒くなってきましたので、どうぞご自愛ください。


  ◆Hotel de Jardjais通信 第71号 〜9/21アップ情報〜
    Date : 2002/09/21 (Sat)
こんばんは。
今晩は、仲秋の名月だそうです。こちらは雲を通して幻想的な月の光が届いています。
皆様のお住いはいかがでしょうか?

今日は、「人権宣言」の後編をアップさせていただきました。
ずいぶん手元に置いてあっためてしまったのですが、ううむ・・・。
よろしければ図書室へお出でください。


(図書室)
「人権宣言 後編」


それでは、また!
失礼致します〜。


  ◆Hotel de Jardjais通信 第70号 〜9/18 アップ情報〜
    Date : 2002/09/18 (Wed)
こんばんは。
今晩、こちらはとても美しい月が出ていました。

世の中では大きな事件が報道されています。
昨年の9・11の事件もそうですし、北朝鮮拉致の事件についてもですが、
まずは、こうした犠牲が繰り返されないようにどうすべきなのか、
それを一番に考えたいと思います。

さて、そのような中、お蔭様で拙Hotelは60000ヒットを迎えました。
お約束のキリ番記念連載・・・のはずが、すみません、またしても落としました。

そこへ救いの神登場、R.Blueさまよりお絵描きをいただきました〜。
私ってば、なんと運のいい人間なんでしょう。
ありがたくアップさせていただきました。どうぞ、皆様、ご覧下さい。


(図書室)
「キリ番連載こんなのあり? 60000ヒットの巻」

(ギャラリー)
R.Blueさま 「アンドルー君!」


その他、太陽さまよりいただいた「UFOキャッチャーフィギュア画像」・「ベルサイユのばら大事典」
情報のURLをラケルへ掲載いたしました。
太陽さま、ありがとうございました!


それでは、また!
失礼致します〜。


  ◆Hotel de Jardjais通信 第69号 〜9/13 アップ情報〜
    Date : 2002/09/13 (Fri)
こんばんは みなさま、お元気ですか?
まだ残暑が続いていますが、だいぶ秋らしくなってきましたね。
久しぶりのアップをお知らせいたします。

まずは、くまさまからいただいた誕生日プレゼントです。
まだシークレットの姿を見ることの出来ない私ですが、これを見て相当舞い上がってしまいました。
シークレットをゲットできずに嘆いている皆様と分かち合いたいと思います。
ギャラリーまでお出でください。

それから、拙作、アンドレ誕生日記念作品、やっとアップです。
しかも、まとまらず、くどくど長くなりましたので、今日は前編をアップさせていただきます。
設定としては「風が起つ」の翌日になります。


その他、昨日来、モナコのもなかさま、若紫さまに、いよいよ発売される「フランス語版ベルばら」情報をお寄せいただいております。
また、SEGAの「UFOキャッチャー情報」なども合わせて「執事ラケルのお知らせ」に掲載しましたのでご覧下さい。
情報をお寄せくださった皆様、本当にどうもありがとうございました!


(ギャラリー)
くまさま 「HAPPY BIRTHDAY MAA!!」

(図書室)
拙作 時と夢 「人権宣言 前編」


それでは、また!
失礼致します〜。


  ◆Hotel de Jardjais通信 第68号 〜9/04 お誕生日祝いをありがとうございました号〜
    Date : 2002/09/04 (Wed)
こんばんは みなさま、お元気ですか?
昨日は、私の誕生日に際し、沢山のお祝いの言葉をありがとうございました。
こんなに大勢の方にお祝いを言っていただいたのは、生まれて初めてだと思います。
とても嬉しくて、感動しています。
掲示板のレスもメールも、お返事が遅れていて申し訳ございません。
また、ゆっくりお礼に伺います〜!

そのような中、プレゼントまで頂戴しております。
素敵なイラストを、あんじぇりっくさま、かえでさま、る・ルンさまにいただきました。
本当にどうもありがとうございました。

皆様にも見せびらかしちゃおうという門番のはしゃぎぶりを、ギャラリーまで
見に来てやってください〜。

それから、拙作の接吻番外編2もアップさせていただきました。
こちらは図書室です。


(ギャラリー)
あんじぇりっくさま 「お誕生日おめでとう!」
かえでさま 「Otanjyobi Omedetogozaimas!!」
る・ルンさま 「まあさま。お誕生日おめでとうゴザイマス☆」

(図書室)
「接吻 番外編2 〜オスカル〜」


みなさま、どうもありがとうございました〜!!


  ◆Hotel de Jardjais通信 第67号 〜8/29 7月企画余韻編6〜
    Date : 2002/08/29 (Thu)
こんばんは みなさま、お元気ですか?
また蒸し暑くなり、一度涼しさを覚えてしまった身体が、へとへとです。
台風の近づいている地域もあります。どうぞお気をつけ下さい。

さて、7月企画余韻作品、今日はる・ルンさまよりいただいたイラストです。
なんと素敵な瞬間をとらえてくださったのでしょう。感動してしまいました。
どうぞ、大広間へお出で下さい。

そして、いよいよ大広間を閉める日が近づいてきました。
いちおう、9月2日(月)00:00をもって閉めさせていただこうと思います。
また、来年の初夏に、この状態でお披露目する予定です。
作品をお寄せくださった皆さまへは、別途ご連絡させていただきます。
詳しくは、また9月1日にご案内いたしますので、宜しくお願い申し上げます。


(大広間)
る・ルンさま 「部屋までおぶってってやる」


それでは、みなさま、最後までお楽しみください。


  ◆Hotel de Jardjais通信 第66号 〜8/27 アンドレお誕生日第二弾号〜
    Date : 2002/08/27 (Tue)
こんばんは みなさま、お元気ですか?

さて、昨日に引き続き、アンドレの誕生日週間にちなんだ作品です。
かえでさまが、アンドレが泣いて喜ぶプレゼントのイラストを描いてくださいました。
どうぞ、大広間へおいでください。

(大広間)
かえでさま 「「C'est aujourd'hui ton anniversaire!!」


アンドレ、毎日祝ってもらって、この幸せもの〜!

それでは、失礼します〜!


  ◆Hotel de Jardjais通信 第65号 〜8/26 アンドレお誕生日248回記念号〜
    Date : 2002/08/26 (Mon)
☆---☆ Bon Anniversaire! Andre!! ☆---☆

みなさま、アンドレのお誕生日、いかがお過ごしですか?
ケーキを買っちゃった方、いらっしゃいますか?
何か記念のプレゼントを、アンドレのためと称して自分に買っちゃった方は?
何にしても、今日はアンドレのお誕生日をみなさまとごいっしょにお祝いしたいと思います。

昨年、BETHさまのお部屋で、アンドレの誕生日診断をやりました。
これが、アンドレにピッタリの内容だったので、今年はさらにバージョンアップして
ここにご披露させていただこうと思います。(カッコ内は、私の独り言です)

(参考資料「誕生日事典」角川書店)

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

私の持っているお誕生日の本によると、8月26日生まれのあなたは「縁の下の力持ち」。

職場、家庭、社交の場などで目立つタイプではありません。
共通の目標に向って、他の人と協力しながら行動するのを好みます。
自分よりパワフルで外交的な人、たとえば人の注目を集め易いタイプの
兄弟姉妹、配偶者、友人を前にすると、気後れしてしまう人も多いでしょう。
ですから、何かして自分の存在を認めてもらう努力をする必要がありそうです。(青いレモンか?)
自分で自分の真価をわかっていても、世間がすぐそれに気づいてくれるとは限りません。
(「ベルばら」初期のアンドレですね〜)

助っ人の立場で満足している人や自分が主役になる日を辛抱強く待っている人なら、
仕事も熱心に取り組めるでしょう。
強い意志の持ち主なら何年でも頑張りぬいて、努力が報われるかどうかに関係なく、
ぐちもこぼさず着実に前進するはずです。

素晴らしい親になれるでしょう。子供の世界における秩序や組織の大切さをよく知っているからです。
あまり野心をもたないタイプなら、子供に多くを期待せず、寛大な接し方ができるでしょう。

裏方に徹することを楽しめる人です。
特殊な例としては、著名な人物やグループの黒幕的存在になることさえあるかもしれません。
チームの一員として立派に働くだけで、顔や名前を知られなくても満足できるのです。
注目されないことを嘆くより、エゴに邪魔されずに仕事ができる自由を心から楽しんでいるのです。
これほど献身的な人なので、家庭や職場では値千金といえるほど非常に貴重な存在です。
(さすが、オスカルさまの影・・・)

とはいえ、いつの日か、50代か60代になってふと立ち止まり「私の人生は何だったのか?」と
自問するときがくるでしょう。そうなると「縁の下の力持ち」はきっぱり止めて、新しい道へ
飛び出していく可能性大。頼っていた人々や、あたりまえのようによりかかっていた人は
ショックを受けるでしょう。しかし、本人は新たに見つけた自由を享受する権利はあると、
ほとんど悩まず、うしろめたい思いもしないで転身をとげるでしょう。
(オスカルさま、危うし。気をつけなくては!)

長所は、控え目、人の意見を素直に受け入れる、協調性がある。
短所は、消極的、感情を抑えがち、自分を犠牲にするくせがある。

健康面で、家族や友人の健康には非常に気を配るくせに、自分の健康には無頓着になりがちです。
周りに、注意深くて気の利くタイプの家族や同僚の存在は貴重です。

誕生花は『こきんばいざさ』で,花言葉は『光を求める』。
花占いは、
『あなたは考えすぎ。そのため、交際範囲を狭くしています。もっとオープンに、
人と付き合ってはいかが。石橋をたたいて渡るのもいいけれど、若いうちは少しぐらい
無謀でも、何とかやっていけるものです。恋愛は、そんなふうに。今から考えすぎていると、
年をとってから、陰気な老人になってしまいますよ。明るく、素直に。』

+++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

さて、本日のアップです。

まずは、R.Blueさまに「7月の肖像」に寄せたイラストをいただきました。
これが、アンドレの誕生日にピッタリのイラストです。
どうぞ、大広間よりお入りください。

また、昨年BETHさまのお部屋へ掲載した、接吻シリーズの番外編を掲載します。
これは、BETHさまのお部屋の10万ヒット記念兼アンドレお誕生日企画へ寄せたものです。

そして、もう一つは「時と夢」シリーズの「風が起つ」です。

拙作は再アップばかりで恐縮ですが、どうぞ宜しくお願い致します。


(大広間)
R.Blueさま 「肖像画の前で」


(図書室)
「接吻 番外編 〜マダムB〜」
「時と夢 風が起つ」


それでは、みなさま、アンドレ君の誕生日をお祝いいたしましょう!!


  ◆Hotel de Jardjais通信 第64号 〜8/24 アップ情報〜
    Date : 2002/08/24 (Sat)
長野から帰ってきました。
二度目の乗馬体験、おかげさまで充実した休日を過ごしました。
明日の朝、起きたときに身体がどうなっているか、不安でもあり楽しみでもあり、です。

そして、留守にしている間、おかげさまで50000ヒットを迎えることができました。
本当にたくさんの方々に遊びに来ていただいて、門番、ひたすら感謝しております。
これからも、楽しくやっていきたいと思っています。
どうぞ、宜しくお願い申し上げます。

それでは、いちおうお約束のキリ番記念連載です。


(図書室)
「お久しぶりです、キリ番連載やっと復活 50000ヒットの巻」
「消えた貴婦人 第四章」


それでは、失礼致します〜!


[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15] [16] [17] [18] [19] [20]

Copyright (C) Kent Web 2002
MagMagBoard v2.0